• 春ギフト 丹波路ぷりん
  • ご当地プリンNo1決定戦優勝 丹波路ぷりん
  • 丹波の恵みを詰め込んだ 丹波路ぷりん
  • 黒豆とチーズの新しい出会い 丹波路チーズケーキ
  • 丹波の恵み、丹波の魅力 丹波路ぷりん
 

店舗紹介

ささらい

きもち からだ なごむ

丹波黒豆スイーツ&カフェ ささらい

                       

変化に富む地形、澄んだ空気、山から流れる清らかな水など、
四季折々の自然と田園風景が広がる土地、丹波。
そんな丹波地域の古民家カフェ「ささらい」が
店舗として使用しているのは中西家住宅と呼ばれる、
江戸時代に建てられた丹波茶問屋の庄屋屋敷で、
景観重要建造物にも認定されています。

一人前ずつ炊き上げる丹波黒豆がたっぷり入った
「釜炊き黒豆ごはん膳」のランチや、黒豆を使った
ささらいオリジナルの創作スイーツをご提供しています。
庭に囲まれた一軒家ならではの落ち着いた空間で、
古の息づかい・時の流れを感じつつ、あたらしい驚きのある
丹波黒豆メニューの数々をご堪能いただけます。

古の息づかい感じる
江戸庄屋屋敷

丹波路ぷりんを作っている丹波黒豆スイーツ&カフェ「ささらい」がある中西家住宅は江戸時代に建てられ、萬屋という丹波茶の問屋で大いに繁栄した庄屋屋敷です。
平成28年(2016年)、中西家住宅は同じく丹波篠山市にある旧篠山町役場(大正ロマン館)、澤山家長屋門と共に国の景観法に基いて丹波篠山市から「景観重要建造物」に認定されました。お庭の四季を感じながら歴史ある調度品に囲まれて、落ち着いた空間のテーブル席、お座敷、蔵でお食事を楽しんでいただけます。

ささらい内観 ささらい内観 ささらい内観 ささらい内観 ささらい内観

ランチメニュー

釜炊き 丹波黒豆ごはん膳

1,400円(税込)

テーブルで一人前ずつ炊き上げる「釜炊き 丹波黒豆ごはん膳」は香ばしい煎り黒豆の香りや、ほんのり甘くてふっくらほくほくした丹波黒豆の滋味を堪能できるごはんです。
炊き立て・バターをのせて・卵をかけてと三度美味しさをお楽しみいただけます。
お膳には季節の野菜を味わう小鉢と自家製味噌のお味噌汁がついています。
地元近隣の農家の黒豆や日本の伝統製法で作られた調味料を使い、素材本来の味わいを活かす工夫をしています。

丹波黒豆ごはん膳

3度
おいしい!

丹波黒豆・丹波篠山産コシヒカリ使用香ばしい煎り黒豆の釜炊きごはん

丹波黒豆ごはん
まずはそのままで

黒豆の風味をたっぷり含んだ
炊き立てごはんをご堪能ください。

丹波黒豆ごはん
北海道バターをのせて

バターのコクとホクホクとした黒豆が驚くほどよく合います。

丹波黒豆ごはん
卵をかけて

濃厚な卵でいただく香ばしい黒豆ごはんは絶品です。
こだわり抜いた餌で育った丹波の卵「やまぶき」を使っています。

〈ささらい特製煎り黒豆〉
黒豆ごはんには、丹波黒豆の中でも最も大粒で品質の良い最上級の篠山産丹波黒豆を贅沢に使っています。黒豆を水に浸した後、水切りし1日寝かせてふっくら戻し、時間をかけてじっくりとオーブンで煎りました。手間ひまかけた煎り黒豆を使用しているので、格別な香ばしさが生まれるのです。

地元の元気な野菜を味わう「季節の小鉢」と
自家製味噌と丁寧にひいたお出汁で作る「お味噌汁」付

「丹波栗ご飯膳」や「山の芋トッピング」など丹波篠山の
季節を感じる限定メニューも登場します。

カフェメニュー

デザートの一番人気は、丹波路ぷりんとドリンクのセット。ささらいオリジナルブレンドの「薬膳茶」「黒豆茶」、フレンチプレスの有機珈琲、自家製柚子ジュースなどのドリンクがございます。
夏には黒豆を使ったオリジナルのかき氷も登場します。

ささらいカフェ 丹波路ぷりん ささらいカフェ ささらいカフェ おにぎり ささらいカフェ かき氷 ささらいカフェ かき氷

丹波篠山のすべてが魅力

兵庫県の中東部に位置する丹波地域は、阪神間から車で約一時間で行き来でき、変化に富む地形、澄んだ空気、栄養を蓄えた土壌、大きな寒暖の差、山から流れる清らかな水などから生み出される恵み豊かな美しい自然と田園風景が広がる土地です。
「ささらい」へお越しの際は、移動中の景色・空気・土や花々の香りの変化を五感で楽しみながらお越しいただけたら、より丹波をご堪能いただけると思います。

ささらい周辺風景 ささらい外観

アクセス

営業時間
10:00~17:00
ランチ 11:00~14:00
ショップ&カフェ 10:00~17:00(LO.16:00)
定休日
火曜・水曜
所在地
〒669-2441 兵庫県丹波篠山市日置397

お食事のご予約、お問い合わせ
TEL.079‐506-2280

  • twitter
  • facebook
  • twitter

ページトップへ